モバイルオーダー

お店の中からも外からも注文可能な「モバイルオーダー」18社

こんにちは!

コロナ過の2020年にブレイクしたUBERなどの「デリバリーサービス」の他に、マクドナルド他のハンバーガーチェーン店やスターバックスなどのコーヒーチェーン店、吉野家、松屋、すき家など牛丼チェーン店などで、お店の外からもスマホで注文出来る「テイクアウト型モバイルオーダーアプリ」が増えてきています。

自社で「モバイルオーダーアプリ」を開発すると費用が高くなりますので、月々の利用料だけで使える個店向けの「モバイルオーダー」が続々と世の中に登場してきました。

2020年頃から始めた「モバイルオーダー」を調べてみると、とっても沢山あるんです。

外から「モバイルオーダー」&決済

お店で使うレジと連動しているアプリもありますが、Amazonや楽天のようにスマホの画面でメニューを選んでクレジットなどで決済する「外からモバイルオーダー&決済」するものが比較的簡単に開発が出来るため、どんどんと登場しています。(一部デリバリーにも対応しているようです。)

モバイルオーダー&ペイ

スターバックスコーヒージャパンで使われているモバイルオーダーシステムです。

WEB版とアプリ版があります。

2020年8月25日Youtubeに動画がアップされています。

店外から予約するスタンダードになりそうですね!

※同じ名称「モバイルオーダー&ペイ」で株式会社ヘッドウォータースで開発されているのものは別物なのでしょうか?

O:der ToGo

  • 「SelfU」をリリースしたショーケースギグからは、「O:der ToGo」がリリースされています。Googleマップ、各種SNSと連携しているので

吉野家、丸亀製麺などで採用されています。

OkageGo店外版

2020年8月14日付けでYoutube動画がアップされていました。

お店に注文が入ってからの運用までがわかります。Okageシリーズでは店外からの注文も店内からの注文にも対応しているようです。

Samurai Order

  • ソニー、フェリカネットワークスなどが出資する株式会社Samuraiから事前キャッシュレス決済ソリューション「Samurai Order from Air beyond」がリリースされています。

予約注文・事前決済がスマホで完結出来、自社ブランドのみで利用できるハウスマネーの運用が可能です。

会議室・レンタルスペース・運動施設などの施設予約に向いているかも?

PayMine

株式会社両備システムよりリリースされている「PayMine」は、注文&決済がセルフで行える小売店向け(飲食、美容サロン、デリバリー等)のクラウドサービスです。

このサービスは加盟店がPAY.JPとの契約が必須となります。

PayMineサービス概要イメージ↓ ↓ ↓

SMART ORDER ZEROレジ

XERO株式会社が提供する「ZEROレジ」は、テーブルオーダーとセルフ決済で対面時間を削減し、テイクアウト・デリバリー対応、注文管理、売上分析の機能も搭載。
飲食業界が直面する様々な問題に応える次世代型クラウドサービスです。

<料金プラン>

モバイルオーダー「SmartORDER」

株式会社attaが提供する「SmartORDER」とはお客様はスマホで事前に決済とご注文を済ませ、指定時間にお店に商品を受け取ることができます。お店はコロナ対策の新たな販路としてモバイルオーダーを簡単、安価でご利用頂けます。

<注文管理機能画面>

出典:オフィシャルブログより

画面を下に引き伸ばすか、2分ごとに自動的に新しい注文状況をアップデートします。
中央上部には日付があります。こちらは前後3日間のオーダー状況を把握することができます。
ご注文の最短受付時間を右上部にあり、アプリ上で簡単に変更できます。
また、ご注文受付を一時停止することも可能です。

モバイルオーダーアプリ「SMART ORDER」

Function Works株式会社が開発する「SMART ORDER」は、FW開発のモバイルオーダーシステム「FWモバイル」のスマートフォン版システムです。事前注文から決済、店舗受取までがスマートフォン1台で完結する、新しい生活様式の中求められる販売方法の変化に最適な環境を作り出す画期的なプラットフォームです。

2021/07/05 にYoutubeでホリエモンとのライブ配信されていました。

QROrder

大阪に本社がある株式会社BlueIslandより「QROrder」が提供されています。

外部提携する会社は、

Squareレジ、三井住友カードのstera terminal、NECモバイルPOS、スマレジ、Blaynレジと多いようです。

funto

京都に本社があるファンフォ株式会社より無料のモバイルオーダー「funto」が提供されています。

飲食店向けの店内オーダー・テイクアウト・デリバリーこの一つのモバイルオーダーアプリで、すべてが揃います。

必要な機材については➡こちらで確認出来ます。

お店内から「モバイルオーダー」&決済

PLATFORM

PLATFORMは三菱商事などが出資している株式会社カチリが開発・販売するモバイルオーダーで、飲食店の現場から開発されました。(現在は、合併して株式会社CRISP)

<料金プラン>

STARTERプラン・・・低コスト・最初の導入におすすめです。

STANDARDプラン・・・標準プラン。本格的な運用時におすすめです。

DIGITAL TRANSFORMATIONプラン・・・セルフレジやサイネージを組み合わせる場合におすすめです。

※別途、初期費用・運用支援費用が必要です。

dinii

モバイルオーダーPOS「ダイニーセルフ」を中心に、飲食店様の店舗運営に欠かせない10のプロダクトを開発運営しています。飲食店運営の基幹となるPOSシステム、その販売情報を顧客情報と繋ぎ、飲食店でお食事をされるお客様のより良い体験に繋げることを目指しています。年内には、飲食店様とお客様がオンラインで対話できる機能を複数リリース予定。

出典:プレスリリースPRTIMESより

LINE公式アカウントからクーポンやポイントカードの案内などを直接お届けすることができます。他社POSレジとの連携も相談できるようです。

smao

スマレジと連携するオーダーシステムです。

構成イメージ

モバイルオーダーシステム

岐阜県多治見市に本社があるエスパー株式会社より「モバイルオーダーシステム」が提供されています。

元々PC-POSレジやオーダーエントリーシステムを販売している会社様で、モバイルオーダーシステムを追加されたようです。

concierge

神戸に本社がある株式会社メディエイトより、飲食店向けスマホ注文・モバイルオーダーシステム「concierge」がリリースされています。

レジ不要ということなので、店内で注文してスマホでキャッシュレス決済するシステムなのでは?

モバイル注文管理サービスSmart Order

松山市に本社がある株式会社キャンプネットが提供するモバイルオーダーシステムです。

自社のPOSレジアプリChanegeと連携をするようです。

PO+Sモバイルオーダー

大阪に本社がある株式会社アールワンより「PO+Sモバイルオーダー」が提供されています。

自社のオーダーエントリーシステムに追加したモバイルオーダーシステムなのでは?

mabo

大阪に本社があるマインドフリー株式会社より0円で利用できるモバイルオーダー「mabo」が提供されています。

コロナ支援で始まったプロジェクトであるため、基本的に費用はいただいておりませんので、初期費用・月額利用料共に完全無料にてご提供されているようです。

メニューの画像を送るだけで、面倒な入力作業を無料で代行してもらえます。

 

【おことわり】

本ブログ内に掲載している記事は、管理人の経験や調査に基づくものであり「掲載日時」当時の情報となりますことご了承ください。

飲食店経営者様などのご参考となるような情報を日々集めていきます。

より深く情報を集めたい方は、「お問合せ」いただけましたら対応させて頂きます。