セルフオーダー

業界最大手 東芝テック製「Relax Order NS」について

こんにちは!

今回の記事は、TTOーセルフオーダーで最も導入されているであろう、業界TOP東芝テック製「Relax Order NS」について詳しく調べてみることにします。

Relax Order NS

2019年4月16日付け流通ニュースの記事では、2019年夏には東芝TEC製のセルフオーダーRelax Order NSが3000店舗を突破するという記事が出ていました。2021年現在4000店舗以上の店舗に導入されていると予測出来ます。

記事

東芝テックHPは、➡HP

【特徴】

出典:東芝テック公式HPより

各テーブルに設置された端末は、非常に見やすいものです。

レイアウトもフリー画像で「タッチ枠」の割付も出来るようなので、メニューのイメージを自由に作ることが可能です。

操作性

<スクリーンセーバー>

タッチしない時間帯は、お店の「オススメメニュー」や「もう1品」などアピールすることが出来ます。

<操作画面>

TOP画面は、ジャンル枠などをわかり易く設置したフリーレイアウト

注文画面は左右にフリックしてページ遷移

メニュー詳細情報には、メニュー写真とコメントを!

オーダー履歴の確認も!

会計機能は「HTLで登録した値割引」も反映!

テーブル決済機能でお客様スマホにてテーブル上でお会計が可能!

ある時間帯だけ安くするハッピーアワーに対する単価切り替え機能も!

飲み食べ放題や、ランチ・ディナーの切り替え運用も!

アルコール提供確認で、確認結果をPOSのジャーナルに保存!

無線オーダーシステムと連動した品切れ表示

卓番表示機連動で呼び出しもスムーズ

システム構成

画像の出典:東芝テック公式HPより

飲食店ならではのフル機能を満載

さすがに業界最大手の東芝テック製セルフオーダー「Relax Order NS」です。

基本的な「注文画面」から、飲食店ならではの「時間帯別価格」や「テーブル会計機能」までフルフルの機能を満載しています。

実際に居酒屋「てけてけ」に入って注文をしてみましたが、注文後にお店のオススメなどが表示されるとついもう1品注文してみたくなりますね!

ただ、290万円とされている価格はセルフオーダー部分だけで、別途POSレジやハンディターミナルなどがかかる為1店舗で500万円程度の費用がかかるものと思われます。

なので、東芝テック製のセルフオーダーシステムは、比較的大きな居酒屋チェーン店などに採用されているのかと推測されます。

※Youtubeに実際の導入事例動画がアップされていたのでご確認ください。

※画面がフリーレイアウトではなくブロックになっていますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【おことわり】

本ブログ内に掲載している記事は、管理人の経験や調査に基づくものであり「掲載日時」当時の情報となりますことご了承ください。

飲食店経営者様などのご参考となるような情報を日々集めていきます。

より深く情報を集めたい方は、「お問合せ」いただけましたら対応させて頂きます。